知っておこう!全身脱毛後によくあるトラブルと注意点

知っておこう!全身脱毛後によくあるトラブルと注意点

近年ではトレンドということもあり、全身脱毛のサロンが増える、医療機関などでも価格がお手頃なコースも多く出てきたことから、脱毛をする人は増加傾向にあります。その一方で、「全身脱毛をしてみたいけど、トラブルが起きないか?」と不安となり、一歩を踏み出せないという人もいるでしょう。

ここでは全身脱毛で起こりやすいトラブルと、トラブルを防ぐために行っておくべきホームケアについて紹介します。

全身脱毛で起こりうるトラブルとは?

それでは全身脱毛を行ったあとに起こりうるトラブルについて見ていきましょう。

肌が赤く腫れる

脱毛施術を受けた部位に赤みがでたり軽く腫れるのは、どこのサロンで脱毛の施術を受けたとしても起こりうること。これは、レーザーを照射した部分の皮膚がレーザーの熱に反応して、軽い火傷をしている状態。

火傷と聞くと不安に思われる方もいるかもしれませんが、レーザー脱毛をする上で正常の反応なので心配ありません。大事となってくるのは後で紹介するホームケアなのです。

施術部位にカサカサ感や痒みがでる

脱毛をした部位の肌がカサカサしたり、痒みが出ることがあります。これは脱毛施術により、肌が乾燥してしまったから。

痒いからと掻いたり、こすってしまうと跡が残ってしまう恐れがありまするため注意が必要。スキンケア用品を使い保湿ケアをして、敏感となった肌にできるだけ触れないようにすることが大切となってきます。

施術部位に色素沈着ができる

施術後に皮膚が黒ずんだり、くすむこともケースとしてあります。これは脱毛施術の際、皮膚にメラニン色素沈着が起きてしまったという可能性が高いです。

この後の紹介でも触れますが、脱毛期間中の肌はとてもデリケートなため、できる限り直接日光を避け、いつも以上にUVケアに力を入れるようにしましょう。

脱毛後の注意点とは?

ここまでで、全身脱毛後にどのようなトラブルが起こるのかについてはご理解いただけたかと思います。続いて、脱毛後はどのようなところに気をつければいいのかを見ておきましょう。

注意点1. 入浴は避ける

施術後にスタッフからも念をおしながら言われると思いますが、脱毛後の入浴は基本的にNGとされています。施術後の肌は熱を持っていて軽いやけどをしている状態です。そこで湯船に浸かり体温を上げてしまうと、赤みや腫れができる原因となります。

施術当日は、温めのシャワーだけにして、体を洗う際も、力を入れて擦らないように気をつけましょう。

注意点2. 保湿をしっかりする

シャワー後は保湿クリームや化粧水などで肌にしっかり潤いを与えてください。保湿効果としてかなり有効な方法は、バスタオルで水滴をふき取った後に化粧水で肌を整え、その後に保湿クリームで化粧水の成分(水分)を閉じ込めましょう。

保湿を怠ってしまうと前述でも紹介したカサカサ肌、痒みがでるといったトラブルが起こるかもしれません。そのような観点からも保湿をするのはとても重要と言えます。

注意点3. 日焼けをしない

脱毛施術後の肌はとても敏感な状態。そのため紫外線に少し当たっただけで、極端に日焼けをしてしまったり、色素沈着ができるという場合があります。ですので日焼け止めは必ず塗ることをオススメします。

外出中はもちろんのこと、室内でもできれば塗りましょう。カーテン越しにも太陽の光を浴びるとそれだけでも日焼けの原因となりますよ。

注意点4. 過度な運動を避ける

入浴をすると体温が上がり、赤みや腫れができるのと同じで発汗を促す運動も避けるのが無難。運動により血行が良くなると体内で熱が発生し、赤みや腫れが出てくる可能性があります。

トレーニングを定期的にされている方は、脱毛の当日はお休みしましょう。詳しくは脱毛当日にカウンセリングで、担当にしっかり確認をとると良いでしょう。

まとめ

ここまでで、全身脱毛をしたあとに起こりうるトラブル、そして注意点について紹介してきました。トラブルが起きる可能性があるとはいえ、しっかりとサロンや医療機関でのアドバイスを実行すれば安心です。

脱毛をすると肌の色がツヤっぽく見えたり、綺麗になることは間違いないです。なかなか1歩を踏み出せないでいる女性のみなさんに、今回の内容が少しでも役に立ってくれると嬉しいです。