やる前に知りたい!ハイジニーナ脱毛のメリット・デメリット

やる前に知りたい!ハイジニーナ脱毛のメリット・デメリット

これから脱毛をしようかと考えられているみなさん、「ハイジニーナ脱毛」という言葉を聞いたことがありますか?ハイジニーナ脱毛を簡単に説明すると、アンダーヘアが全くない状態に脱毛をすること。「V・I・Oライン」すべてがセットになっている脱毛プランとして、多くのエステサロンやクリニックが提供しており、今ではハリウッドセレブだけでなく、タレントや一般の女性の中でも流行っています。

そんなハイジニーナ脱毛のメリット・デメリットを下記で紹介。これから脱毛をしようかと考えられている方は、こちらで1度確認されることをオススメします。

ハイジニーナ脱毛が何かをサラっと知ろう!

冒頭でも簡単にハイジニーナ脱毛が何かを紹介しましたが、もう少しだけ紹介します。まずは前述でも出てきた「VIO脱毛」について。これは、Vライン(ビキニライン)・Iライン(性器周り)・Oライン(肛門周り)の3つの範囲を合わせて行う脱毛のこと。

このVIO脱毛のことを最近ではエステサロンなどで、「ハイジニーナ脱毛」と呼んでいます。ハイジニーナの語源は「衛生」を意味する「hygiene」であると言われています。

ハイジニーナ脱毛をすることで考えられるメリットとは?

ここまでで、ハイジニーナ脱毛が何かについてはご理解いただけましたか?「ハイジニーナ脱毛が何だか気になってきた」、そんなふうに思われた方がいるかもしれません。そんな方のために、ハイジニーナをすることで考えられるメリットを紹介します。

メリット1. 下着の選択肢が広がる

ハイジニーナ脱毛をすると、Tバックや大人っぽい・きわどいデザインの下着も楽しめるようになるのが1つ目のメリット。Tバックやきわどい下着は、勝負下着としてムードを高められるだけでなく、美意識を高めるといった目的で、最近多くの女性に愛されています。

女性としての魅力を高めたいと思われる方は、ハイジニーナ脱毛を検討してみては?

メリット2. ムダ毛が落ちる心配を軽減する

彼がお泊りをしにきたとき、ベッドや床にムダ毛が落ちていて、気まずい雰囲気になったことはありませんか?ハイジニーナ脱毛を行えば、そのような心配は軽減できます。女性にとって大きなメリットの1つだと言えそうです。

メリット3. 生理時の蒸れを軽減

生理時は、何かと不快感・ストレスがたまりやすいもの。ハイジニーナ脱毛のメリットは、蒸れが生じにくくなることです。毎日をより快適に過ごせるのは大きな魅力、メリットだと言えるでしょう。

メリット4. 常に清潔な状態を保てる

人によって考え方が異なるかもしれないですが、毛がないほうが下着の中で通気性が良くなり、常時デリケートゾーンを清潔に保つことができます。とくに梅雨時期や夏場などでは、違いを実感できるはず。

ハイジニーナ脱毛をすることで考えられるデメリットとは?

ハイジニーナ脱毛をすることで考えられるメリットを見てきました。メリットがあるということは、少なからずデメリットも考えられます。施術をうけたあとで後悔しないためにも、考えられるデメリットを事前に知り、検討材料にしましょう。

デメリット1. 他部位と比べて脱毛をするとき痛い

ハイジニーナ脱毛をされた方の声を聞いていると、「痛い」と言っている方が多くいました。Vライン・Oラインは我慢できるが、Iラインに関しては「激痛」と言えるくらいの痛みがあるとのこと。

サロンやクリニックによっても、麻酔クリーム・鎮痛クリームをだしてくれるなど処置の方法も多少異なってきます。そのため、ハイジニーナ脱毛を考えられる際は、痛みや施術に対する不安をしっかり解消してくれるサロン・クリニック探しをしてみましょう。

デメリット2. 失敗すると取り返しがつかない

アンダーヘアをツルツルにされる方には関係ありませんが、Vラインを残して脱毛をする場合、事前にしっかりと形を決めておかないと、後からデザインの変更ができません

こちらは人によって、デメリットであると言えそうです。

まとめ

ハイジニーナ脱毛が何か、そしてメリット・デメリットを見てきました。参考となりましたか?必ず施術前には、脱毛をうけたあとのことも考えるようにしてくださいね。

今回の内容をきっかけに、脱毛に対して前向きな気持ちになっていただけると嬉しいです。