ムダ毛の自己処理で考えられるデメリット【方法別】

ムダ毛の自己処理で考えられるデメリット【方法別】

ムダ毛の処理は、とくに女性にとって重い悩みの1つと言えるでしょう。ムダ毛の処理は自己処理と、サロンや医療機関を利用して行う2つの方法。

自宅でそこまで時間をかけずに行えるからといった理由で、ムダ毛を自己処理をしている女性は多くいます。しかし自己処理の場合、効果は一時的で肌を傷つけることが多く、色素沈着やくすみができるといったデメリットも多く潜んでいます。

自己処理の仕方は基本的に、「剃る」「抜く」「脱色」「溶かす」の4つ。今回はそれぞれの方法ごとに考えられるデメリットを紹介します。

【剃る】デメリットは、肌へのダメージに繋がりやすい

まずはカミソリや電気シェーバーを使った「剃る」方法について紹介。脱毛の自己処理方法として、とくに多くの方がやっているのではないでしょうか。「剃る」方法はお手軽だからと頻繁に行いがちとなりますが、デメリットが潜んでいるため注意が必要。とくに市販で購入するカミソリはムダ毛と一緒に、肌の表面も削ってしまうためトラブルを起こしがち。

また、いつまでも同じカミソリを使い続けている方が意外といます。カミソリで剃ると、肌の表面にある角質などもムダ毛と一緒に削り取ってしまうため、刃と刃の間に汚れが溜まりがちに。

汚れが溜まっていることに気づけないため、そのまま放置状態となり、バイ菌が溜まり、その刃で肌を傷つけてしまう。とても不衛生で、肌トラブルの大きな原因となります。ですから、自己処理を行う場合にはカミソリを清潔に保つことは非常に大切ですし、こまめに新しいカミソリに買い替えることをおすすめします。

ちなみに多くの脱毛サロンでは、どうしても自己処理をするのであれば、カミソリではなくフェイス用のI字型の電気シェーバーを使って行うことを推奨しているようです。

【抜く】デメリットは、毛穴が目立ち鳥肌状態になる

さきほどの「剃る」方法のように、「抜く」方法にも毛抜きやワックス、ムダ毛を挟んで抜き取るなどいろいろな方法があります。毛穴を抜くのは、毛を根元から引き抜くため、次の毛が生えてくるまで気持ちが良いですがやはり痛みを伴います。

そして肌と毛穴へ与えるダメージも大きく、毛抜きで自己処理を長く続けている人ほど、毛穴がボツボツと盛り上がり鳥肌状態となったり、色素沈着や肌の内部に毛が埋もれて炎症を起こす「埋もれ毛」のトラブルを起こす可能性が高いのです。これが毛抜きでムダ毛を自己処理するデメリットと言えます。

【脱色】デメリットは、ムダ毛に光が当たると余計に目立つ

「脱色」とは髪の色を染めるときのブリーチと同じで、肌表面に生えているムダ毛の色を薬剤で明るくする方法。物理的な刺激は基本的にありませんが、薬剤が肌質に合わない場合があるため注意が必要です。

また、毛が伸びてくると脱色した部分と伸びてきた黒い部分の境目が目立ち不自然に見えます。よく髪の毛で「プリン状態」といった表現をしますよね?それと同じです。そんな脱色で行う自己処理のデメリットは、光の当たり具合によっては余計に目立つ、肌がかぶれることがある、ムダ毛がなくなるわけではないといったところです。

【溶かす】デメリットは、使用できる部位が限定される

最後にムダ毛を溶かす除毛クリームについてデメリットを紹介していきます。除毛クリーム処理は薬品を使い、毛穴の内部までに入り込みながら毛を溶かしているため色素沈着や肌荒れといった肌トラブルを頻繁に起こしやすくします。

また除毛クリームは商品によっても異なりますが、一般的に「腕」や「脚」だけと限定されている場合が多いです。顔や背中、デリケートゾーンのなどには基本的に使用できないためよう注意です。

まとめ

ムダ毛を自己処理することで考えられる、自己処理のデメリットについて「剃る・抜く・脱色・溶かす」といった方法別に紹介してきました。参考となりましたでしょうか?どの方法においてもデメリットはつきもの。

肌へ負担を与えず、安心して確実にムダ毛を処理したいと思った場合には、エステサロン・医療機関で脱毛を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。